サプリメントと漢方薬の違いについて

身体の健康を高めるグッズとして、サプリメントや漢方薬があります。 どちらもニュアンスとしては、身体を内側から整えて元気にするもので、似たような効果を持っているという印象を持っている方も多いです。 漢方薬は医療の現場でも利用されていることをご存知でしょうか。 この点がサプリメントと漢方薬の大きな違いのひとつと言えます。 漢方薬は【薬】だと捉えることができますが、サプリメントは【健康補助食品】あるいは【栄養補助食品】であると言う部分が両者の間にある顕著な違いだと言えます。

そもそも、両者が生まれたバックグラウンドに大きな違いがあります。 漢方薬は東洋医学が生んだもので、複数の生薬を調合することによって体質を改善し、身体全体の調子を整えることによって身体の不調・病気を治すことを目的としています。 なお、漢方は生薬によって構成されているだけでなくハーブを使用する場合もあります。 漢方薬は気や血の流れを良くすることで身体の調子を整える、体質の改善を行なうものがほとんど。 東洋医学の概念を元に日々進歩しています。 症状に合わせて様々な種類があり、いずれも【健康を作り上げて病を治す】ことが目的です。

一方のサプリメントは普段の食事から十分に摂取出来なかった栄養を手軽に補うことを目的としています。 5大栄養素であるビタミン、ミネラル、たんぱく質、脂質、炭水化物などに加えてアミノ酸を効率よく摂取することができるものがほとんどです。 これら栄養素はバランスよく摂取しなくてはそれぞれの効果を存分に発揮することが出来ません。 サプリメントは分類上【食品】となります。 日本国内では、特定保健用食品、栄養機能食品、一般食品のいずれかに分類されています。 サプリメントは栄養を十分に摂取して、身体の健康を作り上げること、不調を整えることを目的としています。 病を治療するために使う、というよりは毎日を活き活きと過ごすために使用する目的が強いのが特徴です。

副作用の強弱

漢方薬とサプリメントのいずれにも副作用のリスクがあります。 しかし、サプリメントはあくまでも食品であるため、副作用のリスクがとても低いこと、そして薬よりも安価に購入することができます。 一方漢方薬は、食べ合わせや飲み方によっては副作用が強く出る可能性があります。 一般的に処方されている医薬品と比較すると副作用の程度は軽い傾向にありますが、用法と用量を守る必要があります。   

最近では一部の医薬品もネットで購入できるようになりました。お気に入りのサプリメント、医薬品、漢方薬でアフィリエイトをすれば、副収入を得ることもできます。自分で良いと感じた商品を多くの方々に紹介してみませんか?

Copyright (C) 2014 サプリメントにはどんな効果があるの? All Rights Reserved.